10月の初旬に大腸の検査を行い、検査結果が出ました。


検査結果が分かるまでは、少し不安なこともありましたががんではなかったようです。



一安心ですね。

嬉しい



検査前から検査結果を聴いたことや今後の予定もお伝えしていきます。


まだ、大腸の検査を受けたことのない人にとっては興味があると思いますので是非読んでみてください。


スポンサーリンク


それでは、目次です。


大腸検査の前日

大腸の検査を受ける前には、当然ですが診察を受けています。


その時に渡されたレトルト食品を食べていましたよ。


写真を撮り忘れてしまったのでお見せすることはできませんが、市販のおかゆやカレーと同じような感じでした。


お昼におかゆ、夜にカレーでした。
おいしそうに見えましたよ。

おかゆ


検査日当日も朝食事をとっていましたが病院で渡されたものではなく


ピーナッツやゴマ、海藻、きのこ類を除いて、それ以外は食べてよかったそうです。
(もし、あなたが大腸の内視鏡検査を受ける際は主治医に従ってくださいね)

大腸検査の当日

病院まで送っていこうか?

息子からのアドバイス


と言ったものの、母は


一人で行くからいい!

母 イライラ


と言って聞かなかったので一人で行ってもらうことにしました。


午前8時半に病院について、出すものを出して(笑)
検査になりました。


内視鏡の検査では、ポリープが見つかったのでその場で切除。
検査することになりました。

大腸検査


結局その日は、17時近くの帰宅になりました。


スポンサーリンク

大腸検査の結果を聴きに病院へ

検査中にポリープが見つかり、切除したこともあったので今回は母と一緒に私もついていくことにしました。


順番が来て診察室に入りました。


結構、若いお医者さんでびっくりです。


検査結果を聴きながら、検査時に撮影された画像を一緒に見ました。

診察


大腸は健康な人であったらピンク色をしているそうです。
ただ、便秘などで便秘薬などを飲んでいる人はピンク色でなく黒っぽい色になってしまうそうです。


母がそのような状態でした。
私も便秘ぎみなので気を付けないといけないと思いました。


あなたはどうですか?


そして、そのあとにポリープの検査結果を伝えられました。
(組織診 報告書なるものが渡されました。)


そちらには、



グループ4



と書かれていました。


これはがんの進行度を表すステージとは別物だそうです。


なので、このグループ4というのはがんが疑われるものの100%がんとは言えない状態ということでした。


ちなみに100%がんと診断されるときにはグループ5になります。



二人ともとりあえず一安心(笑)



とはいえ、前回の大腸内視鏡検査ではすべてのポリープを取り除けたわけではなかったので、

ポリープを切除するための入院、その前にほかの臓器に対するがんの検査

を行うことになりました。


はじめに、

入院前の事前検査

では、他の臓器にがんがないかどうか、CTを使って検査をすることになりました。

CT検査


そのために検査日当日のCT検査の4時間前から食事ができなくなるそうです。


CT検査時に



ヨード造影剤



というものを使うそうで、副作用が出る場合もあるとのこと。


その後、

ポリープをとるための手術

になります。

手術当日でないと、どうなるかは分かりませんが内視鏡検査と同じような要領でポリープを切除することになるそうです。


おなかを切って手術をするわけではないので一安心。
手術 イメージ

まとめ

手術まで1ヶ月弱あります。


すぐにポリープが大きくなることもないようなので、母が健康的に過ごせるように協力していくつもりです。


手術前に風邪をひいたら大変ですからね。


もちろん、バター紅茶は続けていきますよ!

バター紅茶


それでは、
最後までお読みいただきありがとうござました。


スポンサーリンク

免責事項