年末となると、いろんな人と食事を摂る機会が増えてダイエットをしている人にとって危険な月ですよね。


忘年会続きでどうしても外食が増えてしまう…


忘年会 懐石料理


母はいろいろなコネクションがあり、そのような場所があることで元気でいられるのは分かっているものの、どうしてもダイエットには厳しい期間ですよね。


記事を書いているのは1月に入ってしまったものの、体重計が何キロを示していたのかは年末に記録してありますので、どのような経過をたどっていたのか減量の要因を一度、振り返ってみたいと思います。



スポンサーリンク

やっぱり忘年会続きでリバウンド!

せっかく、66㎏まで減らせた体重ですが




1㎏増




の67㎏となってしまいました。






とはいうものの、
12月の中旬から週2くらいのペースで忘年会に参加していた割には1㎏増だったのは許容範囲内かなぁと思いました


体重を量ったタイミングが1㎏だったのかもしれませんが(苦笑)


それでも、昨年までだったら余裕で70㎏オーバーだったと思うので良しとしましょうか。


どちらにしても大きく体重が増えていなかったので、これからのダイエットに大きな支障をきたすことはないでしょう。


今はやる気がなくなることが一番の毒ですからね。


それでは、なぜここまで長期間、ダイエットが続けられているのか考えてみたいと思います。


スポンサーリンク


まず一つ目は

完全無欠紅茶で食をコントロール

できていることが挙げられます。


完全無欠紅茶


毎日、必ずというわけではありませんがね。


そうです。

これくらい、ゆるーいかんじだったから続けられているのかもしれないのです!



母は何度もダイエットをやってきていたものの、数か月後には必ずリバウンドしていたので8カ月という長期間、じりじりと痩せていっているのは初めてのことかもしれません。


完全無欠紅茶を飲む前に、ヨーグルト(砂糖入り)やおつまみなどを食べていることもしばしば(苦笑)


ヨーグルト


それでも体重が減っていれば、いいことだと思います。


そして2つ目は

夜にしっかりと寝られている

ことが挙げられます。


ぐっすり寝る女性



もちろん、しっかり寝ることにしても毎日できているわけではありません!


ただ、以前の睡眠環境はとてもいいものではありませんでした。


どのような環境だったかというと



  • テレビをつけっぱなし、電気をつけっぱなしで寝る。


  • そして、

  • 夜中の2・3時くらいにごそごそして起きている。





こんなことを繰り返していましたが、このような悪い習慣はかなり減ってきています。

寝ているときに目に光が入ることについて

ちなみに、寝るときにテレビがついていたら寝ることに集中できないですよね。
突然、大きな笑い声が出るような場面があれば、目覚めてしまう場合もあります。


そうした場合、やっぱりストレスがかかるので太りやすくなってしまうそうです。


電気をつけっぱなしもそうですよね。


寝ている間は、しっかりと目をつむっているわけではないですからね。
少し目があいた状態なら、目に光が入ってきてしまいますから。


アイマスクをして寝たほうがいいという人もいらっしゃいました。


アイマスクをして寝る


そして、

夜中に起きてしまうことの弊害

ですが、寝られなくなってしまった後、布団の中でテレビを観たり本を読んだりすることも良くないようです。


その理由として、寝る場所にもかかわらずほかのことをやる習慣が身についてしまうと、お布団が寝る場所かどうかあいまいになってしまうということのようです。


眠りについて、より深く知りたい場合はこちらの記事か、別の書籍になりますが


睡眠の教科書

を参考にしてみてください。

今後の方針

つい先日ですが、お正月のお祝いだ!


とか言って、スシローで買ってきたお寿司をドカ食いしていましたが…


これからは、グラスフェッドバターはお高いので
MCTオイルのみの紅茶、もしくは緑茶で食事の量を制限しつつ、


グラスフェッドギーがいいということなので、炒め物をやるときに使ってみるように伝えてみます。


ちなみに、
レコーディング・ダイエット決定版は放置状態です(笑)
レコーディングダイエット 決定版


それでは、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク


免責事項