ダイエットに励んでいる人だったら、

  • 夜遅くまで仕事をしてしまったり
  • 遊んでしまったりして



夕食を抜いてしまったことはあると思います。



そんな時って、
夜中におなかがすき過ぎて起きてしまいそのあとに寝られなくなってしまった。


寝られない 女性



もしくは
あまりの空腹感に冷蔵庫の前まで行って、プリンなどを食べてしまった…


プリン



なんてことはありませんでしたか?



私の母も昨年くらいまでは早く寝室へ行ったにも関わらず、


おなかがすいちゃった(苦笑)


太った母親のため息


とか言って、勢いよくお菓子を食べているときもありました!


それだったら、夕食をしっかり食べておけばいいのにと個人的には思っていました。


今回はダイエットと睡眠に関して調べてみようと思い、


スタンフォード式 最高の睡眠


スタンフォード式-最高の睡眠


を読んでみました。


スポンサーリンク


それでは、目次になります。


最高の睡眠をとるために就寝後90分を大事にしよう!

スタンフォード大学にはスタンフォード睡眠研究所があります。
それも、1963年に設立されていて世界初だそうです。



そこでの研究結果で分かったことが


  • 睡眠の質は、就寝直後の90分間の質によって左右される。



左右される イメージ



すなわち、就寝後の90分間を質の良いものにすれば健康的な生活が送れるようになるとのこと。



もちろん、毎日90分しか寝ちゃダメということではありませんよ。


寝始めてからの90分間をよりいい状態にすることに意識を向けましょうということです。
ただし、人によってはこの90分が120分になる場合もありますよ。


それは人によって体力も違いますし、能力も違います。
これらの違いと同じようなものですね。



どちらにしても、
眠り始めてから90~120分間はしっかりと寝られるような環境を整えていきましょう!


ポイント


そのために、

夕食を抜くことは止めましょう。

スタンフォード睡眠研究所では、就寝前に空腹の状態で寝てもらうよう実験を行いました。


その結果、眠り始めの90分間にしっかりと寝られなくなってしまい翌日に眠くなるような状態が起きてしまったそうです。


眠くてあくびをする


おなかがすき過ぎてしまうと、やっぱりしっかりと寝られなくなってしまいますよね。


私も同じような経験があります。



なので、しっかりと夕食は取るように心がけましょう!


野菜を食べる


もちろん、たくさん食べていいという意味ではありませんよ(笑)


スポンサーリンク


そうしたら、眠り始めてからの90分間の質をよくするために何を行えばいいかというと,

体内の体温を下げること

だそうです。


そんなことは、どうやってやればいいの?


と思われたでしょう。


それは、
手や足を温めることにあるそうです。



なぜ手足を温める必要があるかというと、手足を温めることで逆に手足から熱が放出されます。


それにともなって、体内の熱も放出されて体温が下がっていくそうです。
不思議ですよね!


赤ちゃんは、このようなやり方で寝ているとのこと。


ぐっすりと寝る赤ちゃん



ひょっとしたら、あなたにも経験があることかもしれません。
冬の寒いときに体が冷え切った状態で布団に入っても、なかなか寝られなかった時のことを。


もし、手足が冷えていて寝られなかった経験があるのならしっかりとお風呂に入って、体を温めてから寝るように心がけましょう。


入浴中の女性


もし冷え症でお風呂に入ってもなかなか体が温まらない方にはこちらがおすすめです。
母も気に入っています。
美容・健康に!ホットタブ重炭酸湯



ずいぶんと駆け足でダイエットと睡眠に関してお伝えしてきました。


  • ストレスが溜まってしまうとどうしてもたくさん食べてしまう。
  • 自分ではたくさん寝ていると思っていても、なぜか疲れが取れない。
  • 仕事が忙しすぎて睡眠不足のように感じる。


と心当たりのある方は


スタンフォード式 最高の睡眠


を読んでみることをおススメします!

まとめ

人生の三分の一程度は、睡眠の時間に充てられています。
中にはショートスリーパーなんて人もいますが、ごく限られた人ではないかと思います。


せっかく寝る時間が必要なんですから、今までよりも質の高い睡眠をとれるようにしてダイエットにも活かしていけるといいですね。
ぐっすりと眠る女性



不必要なストレスを取り除いてからのほうが、ダイエットも楽にできるようになると思いますよ!


それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


免責事項