月に一度、母といっしょに“とある”勉強会に行っています。
毎回、講師?の方は同じ、参加する人も同じです。
参加する人は母と同じくらいの年齢です。


なので、60~80代前半くらいの人がほとんどです。


そうすると、やっぱり健康に関する体のことが話題になることが多くなります。


その中で、ある方が


「ついうっかりとか、いつまでも知的な感じで若々しくありたい人にはイチョウ葉エキスが効くみたいよ!」

女性同士の会話


と言っていました。


そうなんだ・・・
と思い、私もそろそろ(笑)うっかりして、やらなきゃいけないことをやっていなかったりすることが増えてきました。
そんなことが気になり、イチョウ葉エキスのことについて書かれている本は無いかなぁと思って図書館で探してみることにしました。


そして見つけたのが、【驚異のイチョウ葉エキス ボケ・成人病からあなたを守る】という本でした。


よーく、考えたらイチョウの木って見たことはあるけど、秋になると葉っぱが黄色くなって銀杏が取れるってことしか知らないなぁ。


と思い、ちょうどいい機会だと思って本を読んでみることにしました。


まずは、目次からです↓


スポンサーリンク



イチョウってそもそもどんな木なの?

イチョウというのは、近所に生えているような木とは種類がまったく違うそうです。
杉やヒノキ、みかんや柿のような木です。


イチョウの木にはオスとメスの木があり、別々のところに生えています。
街路樹としてあるイチョウの木はオスの木だそうです。
イチョウ並木


そうしないと、秋になると道路がギンナンだらけになってしまいますからね。


そして、ギンナンがなる木はイチョウのメスの木になります。


オスの木や、メスの木があるのは裸子植物といいます。
イチョウと杉などとの違いは、イチョウは三億年位前から生息していてイチョウの一種類しかないということです。


イチョウは太古の植物ということですね。


これで、イチョウというのが他の植物とはかなり変わった存在であることがわかりました。


そうしたら、なんでおば様たちがイチョウ葉エキスのことを話していたんでしょうか?
イチョウ葉エキスには何かいいものが入っているに違いありません。

イチョウの葉っぱ

イチョウ葉エキスにはどんな成分が含まれているの?

イチョウ葉エキスには主に


  • フラボノイド
  • ギンコライド


とあります。


フラボノイドは植物色素で、細胞を紫外線から守るような働きをします。
そして、ギンコライドは活性酸素を抑える働きがあるそうですよ。


これらの働きがあるのは、イチョウが生まれた時代が影響していると考えられているようです。
イチョウは紫外線が大量に降り注ぐ時代に生まれました。
そのため、細胞などが簡単に紫外線による破壊を受けにくいような構造に変化していったのだと思います。


詳しくは、【驚異のイチョウ葉エキス】を読んでください。
さらに詳しいことが書いてありますよ。

驚異のイチョウ葉エキス―ボケ・成人病からあなたを守る

中古価格
¥500から
(2017/7/4 13:52時点)

それでも、ギンナン(銀杏)に触るとかぶれてしまいますよね。
ひょっとして、体に良くないものがあるんじゃないかと思われた方もいると思います。

ギンナンに触れるとなぜかぶれるの?

秋になると、イチョウの木(メス)の下へ行くとギンナンがたくさん落ちていますよね。
においも独特で嫌いな人もいると思います。
銀杏の実


そして、そのギンナンに触れるとかぶれてしまうこともあります。
私は触ったことがないです・・・


なぜ、かぶれるかというとギンナンの実や葉っぱにアルキルフェノールという物質があり、そのせいで皮膚がかぶれてしまいます。


ギンコール酸もアルキルフェノールの一種です。


ただし、サプリメントなどはこのギンコール酸はほとんど入っていないそうです。
そのことをしっかり書いているサプリメントもありますよ。


でもサプリメントとはいえ、薬を飲んでいる人は↓をチェックしてくださいね!


スポンサーリンク



イチョウ葉エキスの入ったサプリを摂ってはいけない人がいる



やっぱり、お薬を飲んでいる人の中にはイチョウ葉エキスが影響してしまい、お薬の作用を強めてしまう場合、もしくは逆に弱めてしまうものもあるそうです。



それはワルファリン等の血液凝固抑制剤、アスピリン等の抗血小板薬です。



イチョウ葉_サプリメント裏書

これはイチョウ葉のサプリメントの裏側に書かれていることです。
少し見にくいと思いますが、赤文字で書かれているところが注意書きです。



もし、これらのお薬を処方されている方はお医者さんや薬剤師さんに相談してください。
それと、これらのお薬ではないけど処方されていて心配な方や妊婦さんも同じようにお医者さん・薬剤師さんに聞いてみることをお勧めします。

まとめ

母はもちろんですが、私ももうすぐ50歳に手の届く年齢になりついうっかりが徐々に増えてきています(苦笑)


そんなこともあり、
記憶力を維持する


というフレーズが気に入ったので、小林製薬さんのイチョウ葉を購入してみました。

小林製薬_イチョウ葉


母は、お気に入りのサプリを飲んでいます。
それは、とあるネットワークビジネスの商品イチョウ葉エキスも入っているものなので、紹介することは控えますね。


つい最近も、ネットバンクのIDをついうっかり忘れてしまい、自暴自棄になってしまいました・・・
また、あまり使わないような単語が出てこなくなっているので、イチョウ葉に期待したいところです。


少し時間が経ったら、使用感をお伝えできると思いますのでお楽しみにしてください。


それでは、
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



免責事項